消費者金融と
期限の利益


期限の到来までは債務の履行を請求されないとか権利を失わないなど、期限が到来していないことによって当事者が受ける利益の事。期限の利益は、一般に債務者のためにあると推定されている(民法 136条1項)が、利息付きの定期預金や金銭消費貸借のように、債権者、債務者双方がもつ場合がある事がある。期限の利益を放棄することはできるが、それにより相手方に損害があれば、賠償をしなければならない(同条2項)。


キャッシング情報top